waiei -blog-

その日の出来事を簡単に紹介する日記

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜃気楼・WSCの更新しかしてない

2017-05-06-Sat-19:00
拍手レス
拡大した後の非アクティブ時に、上のアクティブウィンドウまで拡大されてしまいます。また、画面左外に出るようにウィンドウを置くと左端が白くなる等表示がおかしくなります。前バージョンでの症状は私はGDIモードを使わなくてもなっていた為、環境のせいかもしれませんが、ちなみにwin7 64bitです。疑似カーソル素晴らしいですね、もう諦めてたゲームもこれで出来そうで凄く感謝しています(rizunさん)
遅くなってしまいすみません、情報ありがとうございます。
いただいたスクリーンショットを見た感じではやはりGDIモードになっているのが原因かなと思います。

<再現>
GDIモードで上に重ねたとき

これは、Aeroが有効な時と無効な時のウィンドウの管理の仕方が異なるのが原因で、Aeroが有効な時はウィンドウがそれぞれの情報を持っているため、ほかのウィンドウに重なった時でも全く影響が出ません。

Aeroが有効

ところが、Aeroが無効な状態(Win7以前のベーシックテーマやクラシックテーマ使用時)は全体でウィンドウの画面情報を共有しているため、上にほかのウィンドウが重なっているとその部分がそのまま取得されてしまいます。

Aeroが無効

一応、Aero使用時と同様に重なったウィンドウの影響を受けないようにすることも可能ですが、対象ウインドウに手を加える動作となるため、安定性が下がり、重くなります。

詳細はMSDNへ:デスクトップ ウィンドウ マネージャー

とまあ、そういうわけでGDIモードで使っている以上どうしようもない問題になりますので現状直すのは厳しいと思います。
また、GDIモードは定期的に対象ウィンドウの画面をキャプチャしているため非常に処理が重く、蜃気楼が期待している動作とならないため使用を推奨しません。申し訳ありません。

もう一つ、画面からはみ出してしまっている部分の描画がされない問題ですが、これは蜃気楼が縮小をサポートしていないのと理由が同じで、GDIモードではディスプレイからはみ出た部分が更新されません。また、DWMモードでもアプリによっては更新されないことがあります。DirectDrawを使用しているゲームを移動させたときなどにこう言った現象が発生します。

DDゲームを移動

この辺りもWindowsの仕様の話になってしまうのでこちらでの対応はかなり難しいと思います。
何かいい案が思いついたら対応しますが基本的にはこのままだと思います。ご了承ください。




こんにちは、A.Cです。
Webサイトを久しぶりにリニューアルしました!
ある程度横幅が大きいときは全体的に拡大して見やすくなるようにしたつもりです。
この辺りが使いづらいなーと思ったことがあれば言ってもらえれば対応できるかと思います。
ちなみに前回のリニューアルが2013年6月だったので3年半ぶりなんですねー。

さて、今回も相変わらず蜃気楼の話。

DPIスケーリングに対応しました!
DPIスケーリング
※クリックで拡大表示

左から
・DPIスケーリング対応(公開しているものと同等)
・Windows10 CreatorsUpdateから追加されたDPI非対応アプリの新しい描画方法
・従来のDPI非対応アプリ
です。全体的にきれいに描画されているのがわかるでしょうか。
せっかくの拡大表示ソフトなのに、肝心なソフトそのものが小さくて使いづらいといった現象から解放されます!

ちなみにWindows8.1以降は、ディスプレイごとにDPIの設定を変えることができるのですが、それにも対応しています。


モニタ別DPI
左が96dpi、右が120dpiです。

実はこれ、地味な更新だけど結構内部的に書き換えています。
そんなわけで使いやすさ重視にしていきたいと思いますので、
これからも蜃気楼をよろしくお願いします。

ちなみにWSC3もDPI対応など、蜃気楼と同様の修正をしています。
こちらはソースファイル込みなので気になる方はぜひいじってみてください。

それぞれのDLはこちらから。
蜃気楼 / WinSizeChanger3

ではでは、今回はこの辺りで。


東方新作の自機チルノじゃないですかやったー!
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。