waiei -blog-

その日の出来事を簡単に紹介する日記

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペイント3Dはペイントの代わりになるのか

2017-07-27-Thu-22:30
非推奨機能となりなぜかそれが削除されると解釈されて大騒ぎになっていた(どうせどこかのまとめサイトが発端では…?)ペイントですが、そもそも代替機能のペイント3Dが本当に代わりになるのか、ちょっと興味があったので調べてみました。

ちなみに2D消滅困る派の意見として
ちょっとしたスクリーンショットを保存するときに使っていた
とのことなので(というか僕もそういう使い方しかしていない)
今回はスクリーンショットの保存とちょっとした加工に特化した比較となっています。

あくまでペイントについての話なので
Snipping Tool使ったほうが楽じゃんとかWin+PrtScreenで画像として保存できるとか
Win+Shift+Sで範囲保存できるとかそういうのは置いておきます。


~比較内容~
・起動方法
・起動速度
・貼り付け
・キャンバスサイズ変更
・トリミング
・ピクセル単位の移動
・赤い円を描く
・テキストを入力
・保存

画像多いので続きを読むでどうぞ




まず保存場所
ペイント
すべてのアプリ→W→Windows アクセサリ→ペイント
p2_23.png
Windows アクセサリフォルダをクリックして展開する必要があります

ペイント3D
すべてのアプリ→へ→ペイント 3D
p3_23.png

3Dのほうがクリック数が少なくて済みますが、2Dはスタート画面で「mspaint」と入力しても起動できます。

というかスクショ貼るのに使うような人はスタートメニュー(画面)にショートカット用意してるでしょ
p3_24.png
A.Cはスタート画面派



次は起動速度
タイルをクリックしてマウスアップの判定がされた瞬間を合わせて比較した映像がこちら

はい、変わらない!
ちなみに3DのほうはこのままCtrl+Vを押すと貼り付けできます。



続いてスクリーンショットの貼り付け
ペイント
p2_1.png
新規画面で

p2_2.png
Ctrl+V(キャンバスは自動拡張)

p2_3.png
何もないところをクリックで選択解除

p2_4.png
貼り付け画像がキャンバスより小さい場合は、上から貼り付けた感じになる

ペイント3D
p3_1.png
新規作成からー

p3_2.png
Ctrl+V(キャンバス自動拡張、画面表示の倍率自動調整)

p3_3.png
何もないところクリックで選択解除

p3_4.png
こっちも貼り付け側が小さい場合上に重ねる感じになる
ただし、ペイントと違って中央ぞろえ



キャンバスサイズの変更
ペイント
p2_6.png
右下のバウンディングボックスを

p2_7.png
ドラッグ!

p2_8.png
はい、完了!

ペイント3D
p3_5.png
コマンドバーのキャンバスを選択(1手間増えた!)

p3_6.png
バウンディングボックスが出てくるので

p3_7.png
ドラッグ!

p3_8.png
バウンディングボックスが大きいので操作しやすい



トリミング
ペイント
p2_9.png
範囲を選択してトリミングをクリック

p2_10.png
じゃーん

ペイント3D
p3_9.png
同じく範囲選択してトリミングをクリックすると

p3_10.png
よっしゃ

ピクセル単位の移動
ペイント
p2_11.png
Ctrl+Aで全選択してー

p2_12.png
キーボードの矢印キーで移動

p2_13.png
キャンバスの外をクリックして選択解除

ペイント3D
p3_11.png
Ctrl+Aで全選択!

p3_12.png
キーボードの矢印キーで移動!

p3_13.png
まったく一緒やん!



赤い円で囲む
ペイント
p2_14.png
図形から円を選択

p2_15.png
色や太さを設定して

p2_16.png
描きたい場所にドラッグ!

ペイント3D
p3_14.png
コマンドバーのステッカーを選択→図形の中から円を選択

p3_15.png
先に描きたい場所にドラッグ

p3_16.png
その後、色や太さを設定する



文字の描画
ペイント
p2_17.png
ツールからテキストを選択

p2_19.png
文字を入力!
デフォルトのフォントはメイリオ
異なる文字サイズや背景の不透明・透明設定ができます!

ペイント3D
p3_17.png
テキストを選択!

p3_18.png
描きたい場所をクリックして文字を入力
デフォルトフォントはSegoe UI、フォント名の直接入力ができず、なぜか日本語フォントも英語表記になっている。
個人的にここだけは微妙に感じた。

p3_19.png
ちなみに文字ごとにフォントサイズ変えたり背景を透明・不透明にすることは可能



保存
ペイント
p2_21.png
名前を付けて保存、PNG画像を選択

p2_22.png
どちらにしろここで種類の変更が可能

ペイント3D
p3_20.png
ここをクリックしたら

p3_21.png
メニューが表示されるので2D-PNGを選択

p3_22.png
やっぱりここで種類の変更も可能




といった感じで一通りよく使うパターンを比較してみましたが
ぶっちゃけほとんど変わらないなーといった感じです。

まあスクショ貼って保存する程度だったらどっち使っても変わらないと思います。
動作もかなりサクサクなので何も困ることはないかと。

しかもアクリルデザインのオシャンティなタイトルバーだったり
p3_26.png

落書き程度だけどわりと3Dも描きやすかったりするので
p3_28.png
p3_27.png
まあとりあえず一回触ってみるといいと思います!

といった感じで比較まとめ終わり。




p3_25.png
初回の名前を付けて保存にこれが出るのは避けられない…!?
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。